読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is Really Short, Have Your Life!!

ござ先輩の主に技術的なメモ

JCOMのモデムは電源投入後に接続したMACアドレスを覚えているらしい

PCとLANケーブルで直接繋いでいる状態で、モデムのEthernet側と無線LANルータのWAN側をつないでみると、WAN側のIPが全く取得されない。PCに戻したらIP振ってくれる。

・・・あんまり考えたくないけど、最後に接続したMACアドレスを記憶していて、自社のネットワークに繋いだMACアドレスの情報を管理している(or DHCPで振り当てるIPアドレスの効率化を図っている)ようです。

ケーブルモデルの電源を切ってから、無線LANルータに刺したらIPアドレスが割り当てられました。

なるほどね・・・DHCPって自動的に振り当てられるとはいうものの、プロトコル的にはMACアドレスとのマッピングだもんね。

よく分かるFROM句の仕組み

例えば、こういう顧客テーブルを全件取得するSQLがあります。

SELECT
     *
FROM
    customers

上記のSQLはこうやっても一緒です。

SELECT
     *
FROM
    (SELECT * FROM customers)

テーブルCustomersって要は全件取得した結果集合をFROMに設定してるんだよねっていうこと。

JOINでも同じ。Salesテーブルは外部キーとして、CustomersテーブルのIDを持っている。カラム名はcustomer_id。

SELECT
     *
FROM
    customers as c
    join sales as s on s.customer_id = c.id

以下のように書いても一緒です。

SELECT
     *
FROM
     (SELECT * FROM customers) as c
     join  (SELECT * FROM sales) as s on s.customer_id = c.id

JOINの対象にサブクエリを仕込めるっていうのは、こいつが一番わかり易い気がするなと新人トレーニングで感じた。

SQLが集合の関係演算を行うものであるというのは、FROM句を細かく見ていくとよくわかる。逆に言うと、FROM句が書けない場合はSELECTすることは絶対にできないなー

結局Evernoteに帰ってきた

メディアのネタ帳で情報集め→そこからの記事への整理を目的とした場合、Pocketではタグとアーカイブの有無でしかフィルター出来なくて不便すぎた。記事を本文だけ抽出しオフラインで読めて、その内容を見ながらスマホで記事を作れてノート全体を検索できるみたいなツールは、現状ではEvernoteぐらいしかなかった。3000円/年なら払いますわ。

純粋なドキュメント生成であればSphinxであったり、TyporaのようなMarkdownエディタを使えばいいだけ。ノートアプリというより、情報を整理して溜め込む必要があった。ウェブ情報を上手く取り込んだDBづくりで言えば、Evernoteがベストな気がするので、運用してみます。

IT戦略(企画)立案から要件定義までに必要なことがわかる本

僕の問題意識 is これ。4年半も前に思ってたこと。

このテーマの書籍原稿草稿の進捗、20%です。GWを使って頑張って続き書くんだ。

最強ノマド環境は羽田空港で決まりだ

現在の事業内容では固定の事務所を必要としないので、帰宅がだるくない距離で作業場所を色々探していました。その結果、喫茶店ならルノアール系列、純粋に場所を指定するなら羽田空港という結論が出ました。

ルノアール AS No.1

  • 客層にミドル〜シニアエイジが多い
  • 椅子の座り心地が良い
  • ルノアールWifiは非常に安定している
  • サービスでお茶が出てくる
  • 電源席が空いていることも多い

タリーズやスタバも行きましたが、やっぱりルノアールっすね。電源席だと足を伸ばせない所が多いんですが、ルノアールさんはそんなことはない。足を伸ばせて静かな環境で作業ができる。うっさい若者もいない。唯一のデメリットは、交通系IC決済に対応していないことだ。

羽田空港 is KING

1日いられます。いようと思えば。僕はKQユーザーなので、羽田空港にとてもアクセスしやすい。困ったら羽田空港に行くことにしている。最近羽田空港のフリーWiFiがすげぇ重いのがネックだ。

  • 食事処に全く困らない。
  • とても静かで落ち着ける。
  • 電源カフェも豊富で、WIFIはどこでも飛んでいる。
  • コンビニ/本屋など、必要な備品や資料も手に入る。
  • 国内線第1、第2、国際線と河岸を変えることも可能
  • 無料休憩所もある。
  • 都心へのアクセスも簡単。
  • 駅から直通バスが結構走っている。
  • 有料ラウンジも利用できる(1080円)
  • 交通系ICほぼ完全対応

空港だから決済手段がすごく豊富。交通系ICに対応してくれると経費精算が楽なので、個人的に非常に重要視しているポイントです。

ご参考までに。

独立して変わった、いくつかのこと

昨年6月に法人作ったので、もうすぐ8ヶ月が経過しようとしています。独立に興味がある人は一定数いると思うので、独立すると何がどう変わるかについて思いつくまま書きます。

定時がない

常駐していたら話は別ですけど、僕はほとんどの仕事を持ち帰りでやらせて頂いています。この日はお客様と打ち合わせ / 取引先に出社して仕事するとか、そういうのはもちろんあります。でも、それ以外の時間は自分で決めることができます。丸の内で午前中の打ち合わせ後についうっかり東海道線に乗ってしまい熱海に行って温泉入ってダラダラするのもアリです。埋め合わせをすればいいので。土日や夜の時間を使って。

カレンダー通りに動きたいなら、独立なんかしちゃだめだよ。独立したらカレンダーは無くなるから。それがいいんだけどね。

仕事の枠がない

勤めていた時は「これは流石に担当範囲を超えるから無理」っていう枠があったわけです。当然だけど。でも、独立したらそんなこと言ってられないって。なぜ僕と仕事をする意味があるのかを考えて、自分で仕事をデザインしていく。その結果、思いもよらない引き合いにつながったりします。そーゆーのが、裁量権を持っている人間の楽しみだから。自爆テロにならないよう、引くべき線は引くけど。

夕食に外食することが増えた

外食あまりしなかったんですけど、独立してから週の半分は外食です。夕食が。独立したら、常に自分の近況をアップデートして伝えていく必要があります。良いご縁は自分で作り出さないといけません。気になった人に会いに行く/ご紹介をする or 頂く/ 自分でミートアップ的な場を作るなど、交際の幅が広がりました。社長になってから、社長との付き合いがえらい増えました。

仕事を選べるようになった

僕に決定権があるので。売上が全く無かったら、話は別ですけどね... ただ、割が良いかもしれないけど性に合わないと感じたことは、絶対にやっちゃいけない。次がないので消耗戦にしかならないし、その仕事を受けちゃったことで「これこそやりたいことだし、価値が出せる」と思えた仕事を断らざるを得なくなる。それが一番まずい。自分がやらなくても良いし、自分が知っている他の人が性に合うなら、送りバントをすればよいだけ。

勤めていた時は「性に合わないことでもやらざるを得ない」のだけれども、独立したら送りバントでチャンスメイクをすることだって出来るのだ。

現状維持は考えない

とりあえず○○さえ出来ていたら良い・・・というのは衰退の始まり。常に動いて新陳代謝を促進させて変わっていかないと、続かない。継続するってことは形を変えても回していけるってことであり、同じ仕事を続けることではないのだから。給料がもらえない立場になっちゃったのだから(好きでそうなったんだけど)現状は常に通過点と考えないとあかん。

とは言っても肩肘張りすぎても疲れちゃうし、何かにじっくり取り込まないと成果が出ないのも事実。同じことを繰り返すだけならしぼんでしまう、ということだけが重要。

エンジニアの実装力をコンサルティングに活かすということ

会社を設立して、あっという間に半年が過ぎました。自分が食べる分にはお陰様で困ることはなく、色んな試行錯誤が出来ています。

その中で最大の試行錯誤は、当方が今後やっていきたいと考えていた「非IT系中小企業を対象に、IT技術を業務や事業運営に活かす顧問としてのエンジニア」というビジネスの形です。

中小企業はやっぱり困っている

「自社で Excel / Access が出来る方がいて、そこで作られたものを使って業務を回している。でも、他に良いやり方を知らないので、そうせざるを得ない。手を入れたくても、どうしたら良いのかわからない。専門家にこのやり方が本当に良いのか、変えるとしたらどこなのか。そういうテーマで調査して報告してもらいたい。」

上記のようなお悩みをお持ちの会社さんから、ご相談頂きました。現地に飛んでヒアリングして、現状をクリアにして改善点をまとめた調査報告書を作った所、喜んで頂けました。

ITを業務に使ってはいるけれど、他にやり方を知らないのでより良い方法があれば知りたい。やるかやらないかは別にして、自社にとってITを活用できる道筋をご案内することで、ITに何を求めていくのが望ましいのかを整理して、回答を提示する。こういうニーズがあるのかと勉強になった。

ITを入れる前提で動いてしまうと敷居がすごい高い。そもそも何がどうなっていくらになるのかも見当がつかないのに、そんな話は通せない。調査してこういう道があると対話して、現状を共有する。取っ掛かりとしてすごく良い形だと感じました。来年以降、こういう形で一般的な中小企業に対し顧問エンジニアのお仕事をやっていこうと思います。

改めて感じたのは、実装力の有無は提案の幅に(主に選択肢として)大きく差が出るということ。業務の独自性は企業規模に全く比例しないので、パッケージソフトを入れて改善できるポイントがあまりない。そうなると、当たり前だけど業務に流れる情報の流れを設計して現状を整理し、それを行う為に最適な手段をプログラミングをする前提で考える必要がある。実装手段はExcelでもいいんだけどさ。

大企業のように、単純な作業がそれ自体たくさんあるわけじゃないんだよね。中小企業は大企業のミニチュアじゃないですし。そーゆー所を勘違いしてるから、中小企業のIT活用は成功していないんじゃない?