読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is Really Short, Have Your Life!!

ござ先輩の主に技術的なメモ

ヒットの延長線上がホームランと思った話

ひとり社長の経営の話です。

ある程度は前職でわかっていたことなのですが、自分以外誰もいない状況で仕事をとってくる立場になると、改めて感じることがいろいろあります。自分なりにある程度手応えがあるお仕事の引き合いがあったとして、自分にとってベストな状態をホームランとすると、実際は諸事情があってヒットに落ち着くことが多い。これは僕が不定形な成果物を仕事にしているからだと思う。

例えばECの売上を伸ばしたいという課題に対して、自分が描いているシナリオ通りに行くと200万の仕事になるとする。でも、実際にはそんな規模にならない。尾ひれはひれがついちゃうんだよね。自分にとって都合の良い展開をどうしても期待してしまう。ホームランになると、相手が100%こっちの都合で動いてくれる前提のシナリオになってしまう。相手から頼みたいということになれば、話は違ってくるけど。

時には犠牲バントもするし、見逃しの三振になることもあるけど、打席にたつと色んなことが経験できて面白いです。最悪は見逃しの三振。バットを振って見ないと何もわからない。

広角にヒットが打てる(仕事の守備範囲が広い)のが僕の最大の強みなので、IT業界のスピードスター目指して日夜修業の日々であります。